前へ
次へ

営業求人でも法人営業に転職

営業求人では、ルートセールスという法人営業求人も増えています。
個人営業中心であれば、転職者にとっては未経験分野(職種)ですが、新規顧客開拓に抵抗感を持つ営業マンの声もやはり耳にします。
ルートセールスとはなんぞや、と思われるのは異業種からの転職活動者でしょう。
例えば、電気・機械メーカーや商社などでは、担当する顧客のもとに訪問して提案するスタイルですから、長く付き合える関係がすでに上司や先輩方の手、代行会社のサポートによって築かれています。
ニーズを聞いた上で、最適な商品を提供したり、自分なりの意見も踏まえながらカスタマイズをして提案します。
ルートをまわるだけ、あとは本領発揮すれば結果がついてきます。
他にも今ならば、IT・ネットサービス、人材派遣業界も法人営業求人に力を入れています。
法人化しているからこそ、代理店に対して支援する代理店営業などもあります。
個人営業もやりがいがある内容ですが、どちらかといえば、法人営業ならば、自社の株次第で善し悪しが判断されます。
個人成績よりも会社の業績が左右するもの、こうイメージすれば、セールスしなければならない精神面での負担も幾分和らぐのではないでしょうか。

Page Top